電気工事士技能試験対応のVA線ストリッパー3種を比較した

こんにちは電工一発です

技能試験の日程も近づいてきましたね、さて今回はVA線ストリッパーです。

電気工事士技能試験に最適化したVA線ストリッパーが、各工具メーカーから発売されています。評判は上々で、人気の工具となりました。

評判の理由は、実技試験に特化した工具にすることで、

電気工事士技能試験を乗り越え合格するための工具だということです。

各社とも年々バージョンアップを重ねており、機能強化されていきました。

VA線ストリッパー
VA線ストリッパー3種

電気工事士試験で使うと時間短縮になるマルチツールになっており、近年では多くの人が試験用に買っておられます。またその使い勝手の良さからプロの電気工事士になってからも腰道具にしのばせている工事士さんもいらっしゃいますね。

悩む電工受験者
悩む電工受験者

VA線ストリッパーは似たものが発売されるから、
違いがイマイチわかりません…
いったいどれがいいのですか?

電工一発
電工一発

どれも良く似ていますが、随所に違いがあってそれぞれ使い勝手が違います。
今から解説していきますね。

悩む電工受験者
悩む電工受験者

そうなんですね!
私に合ったのはどれでしょう?

電工一発
電工一発

では機種を比較していきますね
各機種の詳細は機種別記事にもありますから参考にしてくださいね。では始めましょう。

これから技能試験に臨む方は、いったいどれを買おうかと良いか迷っていませんか

早く手にしてみたい気持ちを少し抑ええてください。

そんなあなたの為に、電工一発が人気のVAストリッパー3種の現物を入手いたしましたので、実際に使って比較したいと思います。

このページは3種の基本機能を比較していますが、現在実際に使用して個別にインプレッション記事にいたしますので、少しお待ちください。

では、早速比較を見ていきましょう。

VA線ストリッパー3種の外見

人気のVAストリッパー3種を並べてみました。

上の写真の左から「マーベル」「ホーザン」「MCC」です。

3種とも見た目もサイズも本当にソックリです、これは迷いますよね。

実際に手に取って握ってみました、おや結構違う。。よくよく見てみると、随所に違いがあって各社とも研究工夫しているのがよくわかります。なるほど。なるほど。

VA線ストリッパー3種を比較表

ホーザン(HOZAN) P-958マーベル MVA-1620MCC VS-4A
画像hozan_p-956marvel_mva-1620mcc_vs-4a
品名VVFストリッパーVA線ストリッパーVA線ストリッパ(エコ)
グリップ色
全長225mm228mm223mm
重量210g215g220g
価格(メーカー表示)4,609円(税込)参考5390円 (税込)定価5590円
外装2芯1.6
外装2芯2.0
外装3芯1.6
外装3芯2.0
芯線3芯1.6
芯線3芯1.6
芯線3芯2.0
先端部
のの字曲げ部
p-956先端mva-1620先端vs-4a先端
ケーブル切断刃直線アールつき直線
芯線長さスケール
ケーブルスケール
開きバネp-958ばね部
片ばね式
mva-1620バネ部
隠しばね式
vs-4aばね部
両ばね式
左利き表示配慮
オプション合格ゲージP-925

★最新の販売価格はボタンをクリックすると調べられます

VA線ストリッパー主な特徴

3種を比較してみると基本機能はしっかり有していることがわかります。

しかし、実際に握ってみると感触がけっこう違いました。開きバネの構造や大きさが影響しています。

ホーザンには「合格ゲージ」なるオプションがあります。こちらも入手済みなので追ってインプレッション致します。

MCCは特筆すべき特徴がありました、「左利き対応」です。工具の表面の表記が両面とも同じ表示になっていて左利きが不利にならない仕様になっています。

まとめ

人気のVAストリッパー3種

基本機能はどれも問題なし、使い勝手に特徴あり。

細部のつくりに違いがあり、特徴が出ています。

握ってみた使用感に大きな差があります。

電工一発
電工一発

各機種の詳細記事は
下の記事カードからリンクしています
詳しくは、ぜひそれぞれの記事を参照してください